営業ブログ

2020年10月25日

こころある人

こころある人

 

 

 

さかなです🐟

今回はちょっと長くなってしまいました。

 

 

先日家族と千葉県内を旅行した際に

館山の海中観光船に乗りました。

時期も時期なので同乗するお客さんは私達の他に一組だけ。

ゆったりした空気の中船を待っていると

前の便が船着き場に到着。

 

そこでびっくり。

65歳を過ぎているであろう

船員さんが船の先端(安全柵の外側)に立ち

片手で柵をつかみながら身を乗り出して

船着き場のロープを手繰り寄せているではありませんか!!

その姿がすごく安定感があって

きびきびしていてかっこいい!!

40年前に出会っていたら

好きになっていたかもしれません(笑)

 

 

船に乗るときには、その船員さんから

「おてて、おてて」と声をかけられました。

アルコール消毒するから手を出して

という意味だったようです。かわいい。

さっきのかっこいいい姿とのギャップに萌え(笑)

 

出航してしばらくすると

1羽のウミネコ(鳥)が並走してきました。

海なし県民の坂本家、テンションUP!

そうしたらその様子を見ていた船員さんが

私達にかっぱえびせんをくれたんです!

そんなサービス普通ならやってないですよね~( ;∀;)💕

 

いただいたえびせんを空に掲げると

遠くにいたウミネコが一気に集まってきました。

きたきたきた…!

思いっきり空に投げると

それを口火にウミネコ大戦争勃発!

目の前で少量のえびせんを奪い合うウミネコたち。

野生動物の生態を間近眺めて高見の見物です(笑)

 

そんなことをしていたら

あっという間に海中見学スポットに到着。

下の階におりるとしばらくして

魚の魚影が近づいてきました。

大小様々な野生の魚たちがガラスの向こう側で生きている…

水族館のように綺麗には見えないけど、

それとはまた違う楽しさがありました。

 

私達が魚を見て楽しんでいる間、

船員さんは上からエサを撒いてくれていたようです。

エンターテイナーですね。

ああ、ありがたや。ありがたや。

 

 

観光客が少なかったり

船員さんの雰囲気だったりで

なんだか親戚の漁船に乗らせてもらったような

あたたかさを感じた観光船でした。

ひとえに、船員さんが私達を

楽しませようとしてくれていたお陰だと思います。

 

仕事だからと一線引いたり

受け身になったりしたらできない仕事ですよね。

こころある仕事。

人間としての魅力。

これからどんどん身につけていきます!

 

 

この記事を書いた人

坂本 佳奈

坂本 佳奈

( さかもと かな)

担当業務 / 営業

故郷 / 埼玉県

坂本 佳奈の記事一覧 プロフィールを見る