営業ブログ

2021年4月25日

なかなか売れな~い

なかなか売れな~い

土地を探し始めて、色々な土地を見て行きますと、雑誌やネットに掲載されている土地の多くは、いざ現地に見に行ってみると、イメージしていたのとは少し違う物であることが結構あります。というより、ほとんどがそうお感じになるかもしれません。

 

 

こんにちはジンさんこと寺尾です。

 

 

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、雑誌やネットに掲載されている土地や住宅などは、なかなか売れないで困っている物が多いです。

 

 

しかしながら、資金計画の結果、土地に費やすべき予算を削らなくてはいけなくなったとしたら、この“なかなか売れていない土地”を狙っていくようになるので、なかなか売れない土地のメリット・デメリットについて理解しておくことも大切です。

 

 

■なかなか売れていない土地のメリット

 

 

『じっくり考えることが出来る』…新規分譲地とは違い、同じ土地を狙っている方が少ないので、即決する必要がなく、住宅会社にその土地に合わせてプランを描いてもらったり、気に入ったプランである程度の金額まで出してもらえる余裕が出てきます。

 

 

『価格交渉することが出来るかも』…土地にはその地域に応じた相場というものが存在します。ただ、実際の取引は、売り手と買い手が合意した金額となりますので(タイミングや売主さんの状況などにも依りますが)、少しでも高く売りたい売主さんと少しでも安く買いたい買い手が、ある程度、納得して合意出来る金額まで不動産業者さんにお願いをして頑張って交渉してもらうようにします。

必ずしも安くなるとは限りませんが・・・

 

 

この2つがなかなか売れていない土地の大きなメリットではないでしょうか?

心理的にも金銭的にも、なかなかなメリットだと思います。

 

 

■なかなか売れていない土地のデメリット

 

 

『土地代以外の別途費用が高くつく可能性』…例えば、水道が敷地内に引き込まれていなかったら、前面道路から敷地内に水道を引込む工事をしないといけませんし、隣との境界壁がなければ境界の基礎をつくらないといけません。また、土地によっては土の入れ替えをしなくてはいけなかったり、高低差があれば、よう壁を造ったり、古い家が建っているとしたら、その家の解体費用が必要になる場合もありますので、そういった調査をしっかりしつつ、同時に費用も算出してもらわなければいけません。

 

 

『境界があいまいな場合が多々ある』…一般的には、土地を売る際には、売主には、境界がどこに有るかを明示する義務があるので、売る前に測量をして、境界の確定を行い、引渡してくれるものですが、それをしてくれない売主さんもけっこういます。そんな場合は、あなた自身が測量費用を負担しなければいけなくなります。

 

 

『草がボーボーでイメージが悪いし、家が建つイメージも湧きにくい』…なかなか売れていない土地の多くは、手入れがされていないケースが多く、園場合ずっと放りっぱなしになっているので、新規分譲地のように明るくてスッキリとしたイメージが湧きません。しかし、いざ家を建ててみると素晴らしい土地だったということもよくあります。ですから建物を建ててもらう会社に一緒に土地を見てもらうようにすることがとても大切です。

 

 

『しがらみがある場合がある』…ある程度まとまった世帯がある集落の中では、地域特有のしきたりなどがあったりする場合もあります。また、昔からの集落ですと年配の方も多かったりで同世代の方は近くにあまりいないかもしれないし、そうなれば小さなお子さんもあまりいないかもしれません。

 

 

いかがですか?新しくできた土地となかなか売れていない土地、それぞれメリットもあればデメリットもあるので、どっちが良くてどっちがダメだということではありません。ですが、どうしても住みたいと考えている地域だったり、土地に費やすべき予算が明確に分かれば、選ぶべき土地がどちらなのか?は、自ずと導き出されます。

 

 

ですから、まずは資金計画から行い、ご自身の予算を把握するところからマイホームづくりは始めるようにしていただければと思います。

 

 

それでは、、、

 

 

 

 

この記事を書いた人

寺尾 仁彦

寺尾 仁彦

( てらお まさひこ)

担当業務 / 営業管理業務

故郷 / 千葉県千葉市

寺尾 仁彦の記事一覧 プロフィールを見る