営業ブログ

2021年5月3日

けいそうど

けいそうど

こんにちは!

やまじです!

 

珪藻土について書きます。

 

・調湿性

室内の湿度が高くなると水分を吸収、逆に湿度が低くなると水分を放出して湿度を調節する働きがあります。

・断熱性が高い

珪藻土は多孔質なので、熱伝導率が低いという特性を持っています。そのため断熱性が高くなり、冷暖房効率が良くなるというメリットがあります。

・耐火性がある

住宅といえば怖いのは火事ですが、珪藻土なら燃焼を長く抑えることができます。もちろん化学物質ではないので、燃えて有害なガスを発生させることもありません。

・室内の空気を清潔に保つ

珪藻土の細かい無数の孔は、呼吸をしています。その働きで、ニオイや有害物質を吸着してくれるのです。トイレのアンモニア臭やキッチンの生ゴミといった不快なニオイも取り込んでくれます。

 

アトピーやシックハウスに対する悪影響を及ぼすことはございません!

以上です!

 

この記事を書いた人

山路 健仁

山路 健仁

( やまじ たけひろ)

担当業務 / 営業

故郷 / 千葉県東金市

山路 健仁の記事一覧 プロフィールを見る