営業ブログ

2021年5月9日

住宅ローン選び

住宅ローン選び

こんばんは。

 

 

ジンさんこと寺尾です。

 

 

マイホーム造りをする上で大切なことの一つに

 

 

住宅ローン選びというものがあります。

 

 

昔は銀行の変動金利か住宅金融公庫か

 

 

どちらにするか、ぐらいしか選択肢はありませんでしたが、

 

 

今はかなり選択肢が増えて、

 

 

どこにすれば良いのか迷ってしまう、

 

 

選択肢が多すぎてよく分からないという方も少なくありません。

 

 

銀行といっても、都市銀行から地方銀行、信用金庫、

フラット35も窓口が多く、

今はネットバンクなども沢山あります。

 

 

各、金融機関の中にも其々金融商品も用意していますので

なおさら、分かりにくくなっているのが現状です。

 

 

C銀行さんだけでも、

 

変動金利、2年固定、3年固定、5年固定、7年固定、10年固定、15年固定、20年固定、全期間固定、

その他にフラット35の申し込みもできたりと、沢山の選択肢があります。

 

 

 

お借入れする予定金額や、ご年齢、定年の時期、ご家族構成などによっても、

どの銀行のどの商品を選ぶか、団体信用生命保険はどうするか、

悩むところです。

 

 

住宅ローンをどこで組むかにあったての注意点は沢山ありますが・・・

今日はそのうちの一つだけお話しさせていただきます。

 

 

目先の金利だけで選ぼうとしますと、

先ず最初に目にしますのが、

ネットバンクです。

 

金利は今ですと 0.4%~0.5%台ぐらいで打ち出しています。

非常に安いです。

保証人も保証会社も不要なので保証料も掛かりません!

とうたっていますが、

都市銀行や地方銀行で高くても10万円程度の事務手数料が

融資額の2.2%などと定額ではないのです。

 

 

決してネットバンクが悪いと言っている訳ではありません。

今、ネットバンクは激戦です。

信販系のネットバンクから、生保系のネットバンク、通信機器系のネットバンク、

ショッピング系のネットバンクなどもあります。

 

激戦なので、目先の顧客を安い金利で取り込んで、振るいをかける。

そんな感じなので、

『事前審査はOKだったけど

本申し込みをしたら通らなかった。』

そういうお話しをよく耳にします。

 

書類は全部自分で揃えて提出しないといけなくて、

何度も何度も出し直しがたいへんだったのに

通らなかった。

(都市銀行や地方銀行、フラット35などは不動産屋さんや建築会社などが

書類を揃えて金融機関へ持ち込みます)

 

金利は安かったけど生保系のネットバンクでもないのに、

やたらと高そうな火災保険や生命保険のオプションを勧めらた

などもよく聞きます。

 

なにより、事前審査に信憑性がないので、

特に土地から探される方は苦労されます。

ネットバンクの事前審査は不動産屋さんから信用がないので、土地が押さえられない、

建物完成時に融資は一括で実行なので

つなぎ融資を借りないと土地が買えない(安い金利なのに他に諸経費が掛かる)

などなど、

 

金利は安いのですが、注意点は沢山あります。

土地から探して購入される方は要注意です。

 

 

次回は銀行保証料についてのお話しを

させていただきます!

 

 

自分に合った住宅ローンをどう選ぶか

弊社では住宅ローン相談会を

定期的に行なっておりますので、

お気軽にご予約ください!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

寺尾 仁彦

寺尾 仁彦

( てらお まさひこ)

担当業務 / 営業管理業務

故郷 / 千葉県千葉市

寺尾 仁彦の記事一覧 プロフィールを見る