営業ブログ

2021年5月15日

私の隣の席の方の話

私の隣の席の方の話

 

 

さかなです🐟

これは私の隣の席の方に聞いた話です。

 

例えばあなたが、奥さんに

「今日のお昼は冷やし中華よ」と言われたとする。

炎天下の中、庭で草むしりをあなたは

冷やし中華と聞いただけでよだれが出てきそう。

台所に立つ奥さんは蒸し暑い台所で麺を茹で、

きゅうり、ハム、たまごを切り、

とにかく一生懸命やっている。

そして食卓に出てきた冷やし中華、

見た目は100点!うまそうだ。

でも口に入れたらがっかり、麺がぬるい。

熱くも冷たくもなく、

ぬるい。

「冷やし中華」だと思って食べたのが

「ぬるい中華」だった。

 

 

 

どうでしょう、一生懸命やってくれたのは分かっているけど

「あ~。なんだよ。」ってなりませんか?

茹で上がった麺をもっと冷やせばよかった、

たったそれだけのことなのに

一生懸命やったことが無駄になってしまう。

 

 

隣の席の方はそう話してくれました。

そして冷やし中華に限らず、全てそうだと。

ツメかったら途中でどれだけ一生懸命やっていたとしても

「残念だったね」になってしまう。

 

詰めて詰めて詰めて、

最後に「よかったね」と言ってもらえる仕事をしよう。

 

 

 

私の隣の席のこの方の、

ありがたい教えでした。

 

 

 

私の隣の席の方の話

この記事を書いた人

坂本 佳奈

坂本 佳奈

( さかもと かな)

担当業務 / 営業

故郷 / 埼玉県

坂本 佳奈の記事一覧 プロフィールを見る