営業ブログ

2021年12月19日

相続問題

相続問題

こんにちはジンさんです。

 

 

相続の事知らないという方は多いと思います。

 

 

僕は仕事柄、自分ではある程度分かっているつもりでした。

 

 

でも、以外と知らない、って事もあります。

 

 

僕も最近直面したお話しなので参考にしてください。

 

 

まず、これから遺産を相続する。という方、

 

 

どれぐらい、相続税って払うの?って思いますよね。

 

 

ポイントは大きく分けると3つです。

 

①相続税は、どれくらい『相続するもの』があってどれくらいの   『控除』(差し引けるものがあるか)があるか。そこに『税率』を掛けます。

 

 

②『相続するもの』がどこにどれくらいあるのかを調べる。

・現金や預貯金がいくらあるか。                         ・株や有価証券、国債など持っていたか。                   ・家や土地などの不動産は持っていたか。

 

 

③『控除』がどれくらい受けられるのか。

相続を受けても基礎控除というものがあって、まるまる相続税がかかるわけではありません。

 

 

相続税が非課税となる基礎控除は3,000万円+600万円×相続を受ける人数です。

 

 

ようするに、現金や不動産など全部で遺産が5,000万円だと          相続人は奥さんと子供二人で控除が4,800万ならば               200万円に対して相続税が掛かるという事になります。

 

 

問題なのは預金通帳が見つからなかったり、                         誰が相続人なのかが分からなかったり、                 相続した土地がいくらの価値なのか、

 

 

特に土地がどんな価値で、売ったらいくらになるのか                   住んだ事も無いからどんな場所かも分からない                 など、お困りの事がありましたら、                      是非、『アレグレホーム』にご相談ください!              もちろん、無料査定もさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

寺尾 仁彦

寺尾 仁彦

( てらお まさひこ)

担当業務 / 営業管理業務

故郷 / 千葉県千葉市

寺尾 仁彦の記事一覧 プロフィールを見る