営業ブログ

2022年5月14日

しゅとう

しゅとう

こんにちは、ジンさんです。

 

 

 

昔、天然痘という病気が世界的に広まりました。

 

 

 

種痘という予防接種が登場するまでは、天然痘は最も恐ろしい病気の一つでした。

 

 

 

発症すると、高熱に引き続いて、全身に化膿性の発疹ができるため、運良く治った人も顔に痕がのこったりしたようです。

 

 

 

以前より、一度天然痘にかかった人は、二度とこの病気にならないことが知られていました。

 

 

 

イギリスの外科医ジェンナーは、乳絞りの女性から牛痘にかかると天然痘には罹からないことを聞いて牛痘にかかった乳絞りの女性の手の水疱からとった膿を、近所に住んでいた8歳の男児の腕に接種したことがこの予防接種のはじまりのようです。

 

 

 

この実験は、学会には認められませんでしたが、ジェンナー医師は貧しい人たちに無料で種痘の接種を行い、次第に認められるようになったようです。

 

 

 

この予防接種が世界に広まり天然痘による死亡者は劇的に減少し、1979(昭和54)年10月末に世界保健機構(WHO)によって根絶が確認されました。

 

 

 

今日5月14日は種痘記念日です。

 

 

 

コロナも早く根絶となりますように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガレージハウス専門店

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

アレグレYouTube【アレニャンTV】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

寺尾 仁彦

寺尾 仁彦

( てらお まさひこ)

担当業務 / 営業管理業務

故郷 / 千葉県千葉市

寺尾 仁彦の記事一覧 プロフィールを見る