営業ブログ

2022年6月9日

だんねつ

だんねつ

おはようございます。ジンさんです。

 

 

 

今日6月9日はロックウールの日です。

 

 

 

日本ロックウール工業会が1992年に制定しました。

 

 

 

六(ろく)九(く)で「ロック」の語呂合せです。

 

 

 

ロックウールは建物の断熱材や吸音材として使われており、省エネで近年注目を浴びています。

 

 

 

住宅の断熱材によく使われているロックウールとグラスウールの違いとは何でしょうか。

 

 

 

グラスウールとは、高温で溶かしたガラスを繊維状にしたものです。

 

 

 

ロックウールとはグラスウールと同じ「繊維系断熱材」ですが、原料は玄武岩や製鉄の際の副産物である高炉スラグです。

 

 

 

結論から言えば、断熱効果に大きな差はありません。

 

 

 

一昔前はグラスウールの耐水性の弱さが指摘されていましたが、近年はほとんど問題視されることはなくなりつつあります。

 

 

 

グラスウールの方が柔軟性が高く、ロックウールより変形させやすいという点はありますが、ロックウールが使いにくいというほどのものではないようです。

 

 

 

グラスウールにはコストパフォーマンスに優れている点以外にも、さまざまなメリットがあります。燃えにくいことも大きなメリットの一つで、グラスウールは不燃性のガラスを原料にしているため、燃えにくいだけでなく高温にさらされても変形や溶解しにくいという特長があります。延焼や類焼もしにくく、万が一火事となった際にも有毒ガスを発生させることがありません。

 

 

 

原料の違いはあるものの、いずれも劣らず優れた性能の断熱材です。

 

 

 

断熱についてもお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガレージハウス専門店

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

非公開: 寺尾 仁彦

非公開: 寺尾 仁彦

( てらお まさひこ)

担当業務 / 営業管理業務

故郷 / 千葉県千葉市

非公開: 寺尾 仁彦の記事一覧 プロフィールを見る