営業ブログ

2020年2月2日

第3話「いつの間にか年は明け、二月に突入していた!!」

第3話「いつの間にか年は明け、二月に突入していた!!」

かく言う私は、今再び、ブログを書くため、パソコンに向かっているのであった。

第3話「いつの間にか年は明け、二月に突入していた!!」

ちば家博のモデルハウスについて再び、書こうと

ふらふら歩き回り、中庭が気持ちよいナア。

と思い、イラストを描いていたとき・・・ふと感じた

春の暖かさ!

何だこれは!暖かな日差し!生命の息吹!

第3話「いつの間にか年は明け、二月に突入していた!!」

かすかにシンボルツリーのつぼみが膨らんだような?

こんな日のことをなんと呼ぶのか?

真っ先に浮かんだのは「小春日」

しかし、こちらは「初冬のあたたかな日」

をさす言葉だそう。

次は「春うらら」

こちらは、

「春の空が晴れていて、日差しが穏やかに照らしている様子、または、そのような春の雰囲気」

とあり、二月のことではなさそうだ。

最も近いと思われたのは

「春近し」

なんてことだ。そのままだ。まったくもって、そのままだ。

しかし、二月二日あと一、二ヶ月で春。

これを「近い」と感じさせてくれるそんな陽気に

「春近し」と言い、心躍らす。

そんな日があったっていいじゃない。

第3話「いつの間にか年は明け、二月に突入していた!!」

そして、

生命の息吹ついでに

一昨日のとっても朗らかな報告!

私鈴木、

「伯母」

になりました☆

 

姪っ子誕生にときめく季節が春近し!

ああ、なんて小さくてかわいい

手、足、鼻なんでしょう!(他の部位もちっちゃい!)

 

あまりの興奮で

帰り道の電車で

さかなちゃんと一緒に

「生命の神秘」について

語りました。

 

おわり

 

あ、皆様、暖かいといっても

お身体にはお気をつけてください・・・

この記事を書いた人

鈴木 斐南子

鈴木 斐南子

( )

担当業務 / 営業

故郷 / 千葉市

鈴木 斐南子の記事一覧 プロフィールを見る