営業ブログ

2020年5月9日

湿度ということは

湿度ということは

こんにちは、

私は湿度が馬鹿高い台湾からまいりましたりん(林)です。

台湾で本や精密電子(例えば、レンズなど)を防湿庫に入れないと、すぐ変質になります。

そのため、友たちがよく台湾でいきるのは水との戦うと冗談で言います。

 

ところで、実は湿度の課題は台湾に限らないです。

梅雨の日本の湿度もすごい難問でしょう。

湿度ということは

雨が降り放題の季節で服や壁、どこでもじみじみで、

気持ちまで影響されるでしょう。

なにもかも乾燥機に入れたいなぁーという気持ちは私がよく出てきます。(笑)

 

けれど、水気という根本から考えないとただ電気代があがるだけで、何も変わりません!

湿度ということは

建物にほぼ三分の二は壁です。

壁の材料をちょっと変えたら、室内の湿度はすごく変わるということを思ったことがありますか?

 

実は、台湾の室内はコンクリに塗料を塗るのがほとんどです。

なので、アレグレホームに入る前に、室内の材料だけ変えれば、湿度はそんなに変わるのを知りませんでした。

もちろん、実験で証明しないと信じてしまうのはいけません。

以下は実験です。

二つ同じ大きさの箱に、

一つに通常の壁紙を貼ってあります。

一つの箱に塗り壁にします。

 

そして、その二つの箱に、同じ水量をかけます。

湿度ということは

十分間経って、湿度は70%ちょっとです。

 

一方で、塗り壁の箱は、

同じで十分間経って、

湿度ということは

湿度は60%です。

ただ壁の材料を変えるだけで、湿度は10%くらい差が出てきます。

すごいと思いませんか。

 

 

皆様も、実験してみませんか。

湿度ということは

マスクをつけて、お待ちしております。

 

 

 

 

 

リンちゃん(林醬)