営業ブログ

2020年7月27日

家づくりその③

家づくりその③

 

こんにちは!

営業部のさかなちゃんです🐟

 

昨日の続きです。

 

 

 

規格型は決められたプランの中から

自分に一番合ったものを選んで

壁紙や設備をいくつかの選択肢の中から選びます。

設計や仕様選びに時間がかからないので、

人件費が削減できます。

また、プランが決まっているので

現場のミスも少なくなります。

でも間取りを少し変えたり

選択肢以外の仕様にしたりすると

大幅に追加料金がかかることが多いです。

また、その土地の日当たりや周辺環境に

合わせてつくられた間取りではないので、

よく考えて選ばないと

日当たりや風通しが悪くなってしまうこともあります。

 

 

 

 

輸入住宅は2×4工法と言われるものです。

日本の住宅はフレームで家を支えていますが、

輸入住宅は面で家を支えます。

フレームで支えるのに比べて

面で支えると構造的に安定しやすいです。

見た目は外国風も日本風も出来ますが、

共通して言えるのは

壁で構造的に安定させているので

一定量以上の壁が必要で

屋外とつながって超開放的〜!

みたいな間取りは難しいです。

あと、やっぱり日本では

フレームで支える在来工法が主流なので

リフォームや増改築は2×4工法に対応できる業者選びが必要です。

 

 

 

 

 

ローコスト住宅は名前の通りコストを抑えることに特化した住宅です。

建物の値段が抑えられれば

住宅ローンの月々の支払いが減るので嬉しいですよね!

特徴は規格型と似ていて、

プラン、仕様を選択肢の中から選んで建てるので、

人件費や施工ミスが減ります。

選択肢が限られているので、

大量発注で仕入れ値を抑えることもできます。

規格住宅に比べると、

プランの選択肢の幅が狭かったり、

仕様のグレードが下がります。

 

 

 

 

テント、ほったて小屋、犬小屋は

語りだすと1年かかるので割愛させていただきます。

 

それぞれの家にはざっくりこんな特徴があります。

どこか一ヶ所でも「へ〜」って思っていただけたら

夜な夜なスマホとにらめっこしていた甲斐があります。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

坂本 佳奈

坂本 佳奈

( さかもと かな)

担当業務 / 営業

故郷 / 埼玉県

坂本 佳奈の記事一覧 プロフィールを見る