FAQ

注文住宅ってどんな家?

注文住宅の頭金ってどれくらい?

注文住宅の頭金ってどれくらい?
頭金とは、家を買うときに代金の一部として最初に支払う、ある程度まとまった額のお金のことです。
注文住宅を建てる際にあったほうがいい頭金は、住宅の価格やその方の収入などによって異なります。そのため人によって、1~2割を用意する場合や頭金なしで注文住宅を購入する人もいるのです。一般的には、借り入れの金額を少なくするために頭金を用意し、毎月の支払い金額を減らします。いずれにしても、自身の将来的なライフプランを立てて考えることが大切です。
住宅の購入は、人生の買い物の中でも特に大きく、多くの場合、数千万円ものお金が必要になります。そのため一括で購入するのではなく、住宅ローンを組んで年月をかけて支払うケースがほとんどです。

頭金ゼロでも注文住宅を建てられる
頭金がゼロでも注文住宅は建てられます。大きな出費となる頭金支払いがゼロであれば、住宅購入時にかかる負担は和らぎます。しかし、住宅購入にあたっての諸々の手数料や税金などの諸費用は、現金支払いが必要です。頭金をゼロにする場合でも、ある程度の金額は用意しておかなければなりません。また、頭金なしで住宅ローンを組んで家を購入すると、月々の返済額もその分高くなるので注意が必要です。

現在のライフスタイルと将来を考えて頭金を決める
大きな買い物となる住宅の頭金は、現在のライフスタイルや将来のことを考えて決めるようにしましょう。将来の支払いの負担を考えて、頭金をできるだけ多く払うことも出来ます。しかし、頭金を多く払うことで貯金がなくなると、万が一大きな病気にかかったり、失業してしまったりしたときに困ってしまいます。頭金の金額を決める際には、しっかりと将来のことを想定した上で返済計画を立てましょう。

住宅購入の際にまず必要なのは、毎月の支出額を把握し、返済できる金額を割り出すこと。必要な「支出」、するべき「貯蓄額」から「返済額」を決めて、頭金と買える物件価格を決めることが大切です。