FAQ

注文住宅に関する法律や制度

注文住宅の契約時の注意点はある?

注文住宅の契約時の注意点
注文住宅の契約をする時には、契約書の内容を十分に確認できる期間を確保しましょう。
焦って契約内容をきちんと確認しないまま契約を結んでしまえば、後戻りができなくなってしまいます。
契約する前には聞いていなかった情報が後から出てくる可能性もありますので、きちんと契約書の内容をチェックしておきましょう。

金額や条件などの契約内容を十分に確認
注文住宅の契約を失敗しないためには、事前に希望した金額や条件に添っているか、契約内容を確認することが重要です。
契約を結ぶ前に十分な確認を行わないと、後から予算オーバーしているといったことや、完成した家がイメージしていたものと違うといったトラブルが発生する可能性があります。

契約必要書類のコピーをもらい契約内容を理解する
契約書に印鑑を押す前に、契約必要書類のコピーをもらい、事前に契約書の内容を理解しておくようにしましょう。契約当日に契約書を確認するとなると、内容を十分に読み込むことができず、内容を見落としてしまう場合があります。事前に契約書類を一式コピーしてもらい内容を確認しておくことで、契約内容を落ち着いて判断できるようになります。もし契約書の内容が複雑で分かりにくいと思ったら、建築会社に質問したり、家族や知人などに意見を聞いたりすることも、契約の失敗を防ぐポイントです。

建築会社は、家づくりの専門家ですが、すべてのことを任せっきりにしてはいけません。
後から失敗したと後悔しないように、十分な注意を払い、契約前の事前チェックを怠らないようにしましょう。