FAQ

注文住宅ってどんな家?

注文住宅の家づくりはどうやって進めるの?

注文住宅を建てて入居するまでの大まかな流れは、①情報収集 → ②土地や建築会社探し → ③プランニング → ④着工 → ⑤引き渡し&入居となります。
注文住宅は設計の自由度が高く、希望とする理想の家を建てられるのが魅力となりますが、こだわればこだわるほど完成までの期間が長くなってきます。

注文住宅が完成するまでおよそ1~2年
注文住宅を建設し完成するまでの期間は、およそ1~2年と言われています。
依頼主の希望や要望によってその期間は大きく変わりますが、注文住宅は、土地購入や間取り決めなど様々な準備や打ち合わせが必要となるため、完成までにどうしても長い期間が必要です。

①まずは家のイメージを描き、情報収集!
注文住宅を建てようと考えたら、まずは住みたい家のイメージを思い描き、家づくりに関する情報を集めましょう。
家を建てる前にあらかじめ必要な条件を考え、暮らしたい家の間取り、内装や外観などをイメージすることで、建築士にスムーズに自分の希望を伝えられます。
家に関する雑誌やホームページ、モデルハウスなどを見ておくと具体的なイメージが湧きやすくなります。
また、建物の建築費の他に土地の購入代などの予算なども考えておくことが重要です。

②信頼できる建築会社を探す&土地契約
家を建てる具体的なイメージが定まったら、家を建ててくれる建築会社を探しましょう。
同じ家を作ろうとしても、建築会社によって金額や出来上がりの特徴が異なります。自分がイメージする家を建ててくれる会社を、土地探しと並行しながら探しましょう。
住みたいエリアを考える際には、最寄り駅までの時間、周辺施設の評判、価格相場などを自分でしっかり調査することも大切です。
建築会社が決まったら、次は敷地調査と地盤調査の上、土地購入、契約へと進んでいきます。

③建物の設設計プランニング
土地契約が終われば、いよいよ建物のプランニングや設計に移ります。自分たちの住みたい家のイメージを建築士に相談し、そのイメージを実際に実現できるよう設計してもらいます。
建物のプランニングや設計が済んだら、建築会社と請負契約を結び、検査機関に建築確認申請を行い、建築確認済証をもらいましょう。

④着工&建築開始
建築確認申請を行い、建築確認済証交付のあと、家の建築が始まります。家の建築は、建築会社によって着工、上棟、竣工といった流れで進められます。
依頼主が直接工事に携わることはありませんが、実際の現場に足を運んでみることをおススメします。
ご近所の方に挨拶をしたり、現場の職人さん達とコミュニケーションを取ったりすることで、工事がよりスムーズに進みやすくなるのです。

⑤いよいよ入居!
家が完成したあとは、完成立会いを行い建物のチェックをしましょう。また建築基準法に基づいた完了検査も行い、施主・施工会社どちらのチェックでも不具合がなければ、ようやく建物の引き渡しとなります。その後は、鍵の引き渡しや保証書を受け取り入居するというのが一般的な流れです。

このように注文住宅は、実際に入居するまでには多くの工程を必要とします。
人生で何度も経験できることではないので、ぜひ楽しんでください。
1つひとつの工程をしっかり行うことで、満足のいくマイホームを手に入れることができるのが注文住宅の魅力です。