FAQ

注文住宅ってどこに頼めば良いの?

ハウスメーカー、工務店、設計事務所の違いは? それぞれのメリットが知りたい!

注文住宅を建てたいけれど、、ハウスメーカー・工務店・設計事務所どこに頼めばよいのか分からないというかたも多いと思います。

それぞれの違いを確認し、自分に合った施工会社を選んでください。

 

ハウスメーカー ・・・ 日本国内全域又は広範囲の規模で展開する住宅建設会社のことです。

ハウスメーカーが販売する家は、住宅の費用を抑えるため規格住宅となっていることが多いです。

あらかじめ住宅の設計や施工法などで統一した規格を決め、その規格に従って住宅を造るので、 1軒ごとに異なる規格で建てるフルオーダーの注文住宅に比べ、コストを抑えることができます。

<メリット>  品質が安定していること、工期が比較的短いこと、保証があることなどがメリットです。

他にも、モデルハウスで事前にイメージを確認できるなどもメリットもあります。

 

工務店 ・・・・・・・・・ 住宅を建てるために、専門工事業者の手配や管理を行い、総合的な工事を請け負う業者のことです。

工務店は家づくりにおいて主に設計と施工の部分を行います。

工務店の会社の規模は様々ですが、多くは大手ハウスメーカーなどに比べて会社規模は小さく、地域に根ざした、小回りのきく会社が多いのが特徴です。

<メリット>  コストパフォーマンスの良さ、希望する家の設計ができる、地元での評判がわかるなどがメリットです。

また、1人の担当者が最初から最後まで対応してくれるのも特徴です。

最初の窓口から家の引き渡しまでの担当者は同じ人のケースが多いです。そのため様々な融通を聞いてくれたり、親身になって相談に乗ってくれたりします。地元密着型の工務店に依頼することで、入居した後でも長く付き合っていける関係性を築くことも出来ます。

家を建てる際には、実際に工務店に出向いて話を聞き、自分の理想とする家を建ててくれる工務店か見極めるようにしましょう。

 

設計事務所 ・・・・・ 建築家が所属する事務所のことです。

設計事務所の業務は、主に建築物の設計と監理です。そのため建物の施工作業は、工務店に任せることになります。設計のプロである建築家と、施工のプロである工務店が一緒に取り組むことで、依頼者の要望に合った品質の高い住宅を建てることができるのです。

設計に3~6ヶ月、工事におよそ6~7ヶ月と、合計1年以上の期間が必要となります。

<メリット> 完全に自由な設計で家を作ることができます。

また、多くの設計事務所は、施工業者から独立しているため、第三者の目で施工を監理することができます。

設計事務所は設計を担当する会社のため、ハウスメーカーや工務店のように、モデルルームがあるわけでもなく、完成後の実物を見ることができません。ホームページや過去に掲載された雑誌などを確認し、建築家と会って建築家の人柄を知り、今後の家づくりの全てを任せられる人なのか十分に確認することが大切です。