FAQ

注文住宅ってどんな家?

注文住宅のローンってどんな仕組み?

注文住宅のローンってどんな仕組み?

住宅ローンには、状況や希望に応じて選べる複数のタイプが存在し、大きく「民間融資」、「公的融資」、民間金融機関と独立行政法人が提携して行う「協調融資」の3種類に分けられます。

商品の種類が豊富な民間融資
民間融資は、銀行や保険会社、ローン専門会社などといった民間機関から借りるタイプの住宅ローンです。
民間融資には、固定金利型、変動金利型、固定期間選択型など、様々な金利タイプが利用できます。
民間融資の特徴は、金融機関ごとに様々なプランが用意されている点です。例えば、固定金利型や変動金利型などの複数の金利タイプを組み合わせて、自身のライフプランに合わせた借り入れをすることができます。

多額の融資も期待できる公的融資
公的融資の中でも代表的なものが財形融資です。これは、勤務先で財形貯蓄をしている人が利用できる住宅ローンです。
財形貯蓄とは、給料から天引きされた一部を資金として、銀行や保険会社を通して積み立てる貯蓄制度のこと。財形融資は、勤務先で財形貯蓄を1年以上継続したうえで、50万円以上の残高があることが条件となります。借り入れ可能額は、貯蓄額の10倍、最大4,000万円です。また、財形融資は、民間融資と併せて利用することも可能です。
公的融資にはこのほか、各都道府県や市町村が独自に行う自治体融資があります。制度の内容は自治体によって異なりますので、住んでいる自治体に問い合わせてください。

民間融資と公的融資の中間にある協調融資
協調融資として代表的なのがフラット35です。フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が連携し提供する、全期間固定金利型住宅ローンです。最長で35年間、固定金利となるたるため、返済期間中に金利が上昇して返済金が増えることはなく、安心して返済することができます。借り入れ時に、返済終了時までの金利と返済金額が確定しているため、将来の計画が立てやすいというメリットがあります。さらに銀行、信用金庫、保険会社といった、幅広い窓口を通して申請できるのも特徴です。

このように住宅ローンの種類は複数あります。
正直、複雑でよく分からない・・・と思うかもしれません。でも大丈夫!
アレグレホームには、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会認定)兼ファイナンシャル・プランナーが在席しています。
節約から税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・老後・相続等ありとあらゆるお金のエキスパートですので、分からないことは何でもご相談ください。
少しでも皆さまのおトクになる情報をご提供させていただきます!