FAQ

注文住宅ってどんな家?

間取りはどうやって考えればいいの?

注文住宅の間取り決めで注意したほうがよい点として、水回りの配置や収納スペース、部屋の広さなどが挙げられます。一度住宅が完成してしまうと、その後から変更するとなると大きな費用や手間がかかり二度手間になってしまいます。後から後悔しないように、間取り決めはよく考えてから行うようにしましょう。

注文住宅における間取りの特徴
注文住宅は、建て主が建てる家の細部にまでこだわって自由に決めることができることが特徴です。
そのため、間取りを決める際に、その時の流行りを取り入れたり、個性的な間取りにしたりできます。しかし、いくら自由といっても、日常生活の中で住みにくい間取りになってしまっては意味がありません。

水回りの配置に注意して間取りを決める
間取りを決める際に気を付けるポイントとして、水回りの配置が挙げられます。
水回りとは、キッチンやバスルーム、トイレです。
水回りは、施工が始まると排水管が通ってしまうため、簡単に移動することができません。そのため水回りの配置を決めるには十分な注意が必要です。

収納スペースの確保
もう1つ注意しておきたいポイントが収納スペースです。
収納スペースの間取りを考える際は、床面積だけでなく、幅や高さ、奥行きにも注意してください。収納スペースの床面積が充分でも、収納スペースの幅や高さ、奥行きが足りず、実際に家が出来上がってから収納したいものが収納スペースに入らないといったことが起きてしまうからです。また、物を使う場所から収納する場所までの動線を考えることも大切です。
使う場所と収納する場所が遠いと、片づけにくく不便を感じてしまうことがあります。

部屋のバランス
注文住宅は自分や家族の意見が幅広く盛り込めますが、一度完成してしまうと修正するのがむずかしくなります。
間取り決めで失敗しないために、部屋の大きさは実際の生活に適した広さを割り振りましょう。家の面積は限られているので、各部屋の面積の配分は優先順位を付けて決めていくことがおすすめです。また、将来の生活を見越した部屋の間取りを考える必要があります。
新しい家で使いたい家具が決まっている場合は、事前に設計士に話をして、間取り図に書き込んでチェックすることも、間取り決めの失敗を防ぐために有効な方法です。

アレグレホームには、注文住宅の設計施工約200棟の実績によるノウハウがたくさんあります。
家づくりについて分からないことや困ったことがあれば、遠慮せず、何でも営業担当者や建築士に相談してください。
家づくりのプロフェッショナルとして、お客さまにピッタリのアドバイスをさせていただきますので、ご安心ください。