FAQ

注文住宅に関する法律や制度

すまい給付金って何?私も対象になる?

すまい給付金って何?私も対象になる?

すまい給付金とは、消費税引き上げによる金利の負担を軽減するため作られた制度です。
すまい給付金は現金で給付されますが、その金額は収入によって変わる仕組みとなっています。

すまい給付金の対象期間と概要、対象となる人
給付対象となるのは、税率引き上げ後の平成26年4月以降に引き渡された住宅から平成31年6月までに引き渡されて入居が完了した住宅となっています。
また、以下に紹介する4つの条件に当てはまる人であることが国によって定められています。
1. 住宅の所有者が不動産登記上の持分保有者であること
2. 住宅の居住者が住民票において所得した住宅への居住が確認できる人
3. 収入が一定以下であること(妻に収入がなく中学生以下の子供が2人いる家庭をモデルとすると、消費税8%の時、収入額の目安が510万円以下、10%の時、収入額の目安が775万円以下)
4. 住宅ローンを利用しない場合、年齢50歳以上である人(ただし、消費税率が10%の時は、収入額の目安が650万円以下であること)

すまい給付金の対象とされる住宅の条件
すまい給付金の対象とされる住宅そのものに関しても、主に3つの条件があります。
1. 引き上げ後の消費税率が適応される住宅であること
2. 床面積が50平方メートル以上であること
3. 第三者機関の検査を受けた住宅であること

これ以外にも、住宅取得にあたって住宅ローンを利用しているか否か、取得する住宅が新築か中古か、といった細かな条件がありますので、注意しましょう。
さらに詳しく給付金の金額を知りたい場合、国土交通省が運営している、すまい給付金の公式ホームページを見てみましょう。そちらに自分が受け取れるすまい給付金のシミュレーションができるページがありますので、1度試してみてはいかがでしょうか。

すまい給付金の申請方法について
すまい給付金の申請をするには、まず住宅取得者(持分保有者)が行うことになります。
持分保有者とは、不動産登記上、住宅の所有権を持っている人のことを指します。住宅を夫婦共同で購入して、夫婦がどちらも持分保有者となっているような場合には、それぞれで申請が必要です。さらに、すまい給付金は取得した住宅に入居した後に申請が可能です。また申請方法は、全国のすまい給付金申請窓口、もしくはすまい給付金事務局への郵送となります。住宅居住後、専用の申請書に必要書類添付の上、申請してください。

すまい給付金は、給付対象や住宅要件などが細かく決められているため、かならず受け取れるとは限りません。
自分が対象者になるのか、その場合の手続きの方法などは、アレグレスタッフにご相談ください。