社長ブログ

2020年11月10日

自分の感性で考える

自分の感性で考える

自分だけの感性で考える時間を待つことは大切なこと

 

例えば考える時間を持たないと苦手や欠点に対してつい「ダメなこと」と思い込んでしまう

 

考える時間があれば「この苦手はなぜ自分に与えられたのだろう」?と自分に問うことができる。

 

苦手や欠点でバカする人もいればフォローしてくれる人もいる

 

こんな時 人の醜さや優しさの区別が付き、自分はどういう人間になりたいか?という進みたい道標のようなものが見えてきます。

 

もし全てが人に劣ることのない人間として生まれてしまったなら 他人を見抜くこともできなければ自分の心から望む方向も見つけ難いはずです。

 

幸せは、あるとかないに関わらず誰にでも与えられているもの

 

見事自分を生かし そこに向かっていく過程の中で幸せを実感できるものです

 

勉強やスキルアップは人の役に立つために必要なことではありますが、自分の人生に役立つための 自分の思考も大切なこと

何のためのスキルアップか分からなくなっちゃうから

 

私は日記でこれを学びました

 

おすすめの時間ですよ!

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る