社長ブログ

2021年2月18日

守護霊の話

守護霊の話

写真は高校の同級生と成田山にて撮りました。

 

 

 

唐突ですが、守護霊っているそうです。

守護霊は例外なく誰にでもついているらしい。

 

だから「ついてる」という言葉は守護霊が、分かってくれているじゃん!と喜んでくれる言葉なんだとか。

 

守護霊はすごくあなたが好きだから、ありとあらゆる あなたのためになることをしてるのだそうです。

 

あなたに必要な人の守護霊に電話してくれたりして必要な縁を呼び寄せたり、経験をさせてくれたり毎日あなたのために大忙しで仕事をしているそうです。

 

あなたが「ありがとう」と思う度にどんどんエネルギーが湧いてきて更に力を貸そうと尽力してくれるらしい。

言葉に出すと更に良いとか。

 

逆に不平不満、愚痴、泣き言、悪口を言っていると元気がなくなり、しょんぼりして動けなくなってしまうのだそうです。

 

助けたくても助ける気力がなくなり、守護霊も鬱っぽくなって体育座りで下向いちゃうんだって。

 

本当なのか?嘘なのか?

私にも分かりません。

でも「ありがとう」言っている方が断然得だし、愚痴言うよりありがとうを言っている方が気分も良いのは誰でも同じことじゃないでしょうか。(何より自分を好いてくれる存在が私は大好きだから喜ばせたい)

 

しっくり来る人は一緒に「ありがとう」と「ついてる」を言ってみましょう。

3ヶ月もすれば効果が出るそうですよ!

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る