社長ブログ

2021年2月27日

直観と直感

直観と直感

直観と直感は違う

直観は意識を要するが直感は意識を要さない。

リスクが伴う場合、直観を用いた方がリスク回避率は上がる。

人生の方向性や長期的な展望を描く際は直感を信じた方がいい。

 

両方の共通する点は自分の歩んだ経験の蓄積から成ることです。

自分の人生に必要なことの集大成です。

直感を信じず、他者の情報や知識に頼った場合、違和感を感じることがある。

それは「自分を信じられていない」ことを本能が気付くからです。

直観(直感)を信じることは自分を大切にすることに等しい。

 

同じ人はいない。

オリジナルの道を歩むなら直感を信じること。

「この人、なにか違う」

そんなことを感じるタイプの人は直感を信じている人が多いように思う。

 

 

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る