社長ブログ

2021年7月2日

死を前にして思ったこと

死を前にして思ったこと

いま生きているこの世界が ゲームだとするなら ゲームクリアの条件とは なんだろうか

 

私の知り合いが 昨年脳梗塞になり 死を覚悟したそうです

 

そのとき思うことは 残された人のことばかり

 

人は死を前にすると 自分のことはどうでも良くなってしまうことを身をもって体験したと話してました

 

そこに人生の答えが「ゲームクリアの条件」があるように思いました

 

人は実は自分を 誰かのために使いたいと願っている

 

だけど煩悩がそれを見えなくする

煩悩がゲームクリアの妨げとなるハードルであり、またそれがあるからこそ 人生という名のゲームは面白いのだと思います

 

さて、この考えが正しいか これから歩む道の中で検証してみます。

 

 

 

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る