社長ブログ

NEW! 2021年9月10日

精神と家

先日友人の家に伺ったら、ある告白をされ びっくりしました

「鬱」に苦しんでいるとのこと

その友人、誰が見ても鬱とは全く縁のない方、に見えます

いつも明るく快活で元気が取り柄と言っても過言ではないような人

そんな人が鬱になったというから、つい堀さげて聴いてみました

 

症状は なにをするにも気力が湧かず、外にも出たくないし人にも会いたくない

リビングで横になっていると、天上の剝き出しの梁を眺めながら「首吊っちゃおうかな」

そんなことばっかり考えてしまうと言っていました。

 

鬱が改善された方の話は随分聞いてきたので、その話をさせていただきました

一番は栄養、二番は睡眠と鬱経験のあるお坊さんに聞いたことがあります

冬や曇り空が多い地域では鬱発症が多いと聞いたことがあります

‘‘明るさ‘‘も関係があるようです

「気合が足りない」そういう問題でもなさそうです

 

話を聞きながら部屋を見渡すと、住環境も良くないなと感じました

まず、シャッターがすべて閉じていて暗かった

クロスにはタバコのヤニが付き、まっ黄色で部屋も乱雑になっていました

ジメジメしていて湿度の高さも感じました

 

聞くと窓も随分開けていないとのこと

空気の入れ替えをするだけでも随分違うと思い、勝手に窓を開けました

どう?気持ち良くない??

苦笑いしながら「いいね」と言ってくれました

(特に最近秋を感じて気持ち良かった)

 

日光を浴びてセロトニンを活性化しよう

「散歩行こうぜ」

30分ほど一緒に歩きながら話しました

だんだん笑顔になってきて、ホッとしました

 

個人の企みとしてオブジェにもなる「ヒノキ」の角材を持って行こうと思っています

木材のフィトンチッド効果は実はメンタルにかなりいい効果を与えてくれます

(フィトンチッド=樹木の芳香)

 

樹木は菌や細菌から自分を守るために自己防衛でフィトンチッドを出します

消臭効果、脱臭効果、殺菌、防腐、防虫、精神安定に効果があります

樹木は木製品になっても効果は持続するので、家に天然木を用いるのは

住環境を整える意味でも重要な役割があるのです。

 

「鬱」という話から、改めて住宅でできる精神安定効果を伝えていきたいと思った。

 

ちなみにお茶の「カテキン」もフィトンチッドの一種です

 

 

 

 

 

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る