社長ブログ

2021年9月20日

生きた死人

ある方が余命を宣告され、すがる思いで寺に行ったそうです。

 

住職に自分がどれだけ大変な病状で、絶望しているかを話した時に言われた言葉

「そうか大変か」

「でも、生きているじゃないか」

「人間は死ぬまで生きるんじゃ」

 

この言葉に最初は、何を当たり前のことを言っているのか?と思ったそうです

でも、次の瞬間ハッとしたそうです。

 

自分は余命を告げられた恐怖心から、命のある、たった今を人として生きていなかった…

 

まだ、命はある

命ある限り、懸命に「生き人」として生きよう

 

そう決意してから30年

その方は今も生きています。

 

 

その方が今思うことは、自分の人生に起こる全てに深い意味がある

 

その意味を噛み締めながら、導かれるまま生きる

 

それが信である

 

逆境を超える叡智「直感」「予感」「運気」すべて与えられている

 

起こる出来事に全ての叡智を駆使し、今を生きること。

 

それが人生なのだとその方は言ってました。

 

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る