社長ブログ

2021年12月8日

実験中

実験中

知っている人も多いと思いますが、

夏は冷房の熱を58%流出させ、

冬は暖房の熱を73%流出させている

最も室内の熱流出に影響を与える

「マド」

 

壁、屋根の断熱を気にされている方が多いですが、その前に窓をなんとかした方が、安価で早いのです

 

ちなみに家の熱流出は下記の通り

夏 屋根11%、外壁7%、換気6%、床3%

冬 屋根5%、外壁15%、換気15%、床7%

 

そういえばと思い実験を開始しました

うちの店舗はシングルガラスで壁一面窓なのでとにかく寒いです

夏は北面が窓なのでそれほどでもないのですが、冬は堪えます

 

そこでプチプチの緩衝材を買ってきて、窓に貼り付け月の電気代を検証することにしました

 

電気代の検証はまだできてませんが、体感としては雲泥の差です

 

常に天カセのエアコン2台を28℃の強か急の設定で回していましたが、今は21℃の弱で以前より温かい体感です

 

床や壁や窓の面の表面温度+室温÷2が体感温度となります

 

例えば20℃の体感を得る場合、面の温度が20℃、空気の温度が20℃だと体感温度は20%です。

 

面が0℃でも空気の温度が40℃なら20℃の体感を得ることができます。

ただし、体感としては不快に感じます

 

体感20℃でも人体の熱放射は面温度が低いほど多く、面温度が高いほど少なくなるので、面温度と空気温度の差が少ない方ほど、人体が疲れにくい環境ということになります

 

その辺の体感も実感できているので、改めて窓には重きを置いた家作りをしていきたいと思います。

 

実験中
井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る