社長ブログ

2022年8月24日

ダイナミックストーン

ダイナミックストーン

9月着工の物件で東リのダイナミックストーン(床材)を使います。

 

普段はフローリング材を用いることが多いのですが、お客さんの希望するデザインに見合うものが無かったので今回はデザイン性の豊富な塩ビタイルの中からダイナミックストーンを使うことになりました。

 

塩ビタイルはデザイン性が豊富で耐久性が高く部分張り替えが容易なメリットがあります。

 

デメリットは床暖房を用いる場合使用できないことと遮音性が担保できない点があります。

 

全ての素材にはメリット、デメリットがあるためご理解いただいた上で素材を選択していただくのですが、塩ビタイルは店舗等に用いることが一般的とされているため住宅での提案をされている会社は少ないようです。

 

住宅で使うことが可能な優れた素材でも施工会社の固定概念から選択肢を設けられていないケースも多々あるのでこういった素材も今後はどんどん提案していきたいと思います。

 

今回そのキッカケを与えてくださり、大変感謝しております。

 

 

 

 

 

 

幸せの、出発点に。

千葉市 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

 

 

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る