社長ブログ

2019年7月8日

考える

考える

自分を持っている人って魅力的です。
なぜ魅力的に感じるのか?
自分を持っている人は他人に語れる持論を持っている。

人から借りた立派なセリフではなく、自分の人生で起こったことや自分が取り組んできた仕事を通じて学んだ自分にしかないオリジナルの持論を持っていることが魅力に繋がっているのだと思う。

 

うちの職人さん、結構オリジナルの持論を持っている。飲んだ席でそれを聞くのが楽しみの一つです。

時には会社に対しての批判もあるが批判ができるということはそれだけ問題意識があり、私の目の前で発言するということは自分の発言に責任を持ち改善して良くしていきたいという考えがあってのことということがひしひしと伝わってくる。

ただの批判や愚痴が持論と思っている人もいるが大概そういう人は表立って意見を言わない。

自分の発言に無責任だ。
要するに感性的な悩みを、何も考えていない人を見つけてぶちまけ「改善」ではなく、自分の正当性を分かってもらいたい「負の共感」が目的なわけだ(のように見える)

 

自分の人生を真剣に考え、人生を良くしていこうと思ったらそれがいかに無意味か答えがすぐに出るはず。
そして良くしていこうという考えはやがて美意識に変わり、その美意識を持ち続けることで質が上がり、独自の美意識が人の美しさを増していくのだと思います。

 

立派な人や親が言う通りの人になろうとする必要はない。

ただ俺はこうなんだ!と胸を張って誰の前でも素の自分でいられる美意識を持って生きたい。

何か一つ一人前になったと自分で誇れるものができたのなら、自分なりの美意識に生きてもいいのではないかと思います。

考える
井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る