社長ブログ

2019年10月23日

本音を言う

私は常々本音を言って生きていきたいと思っています。

理由は3つ

・自分に誠実でありたいから

・自分に自信を持って生きていきたいから

・自分の存在意義は本音を伝えることに尽きると考えているから

本音を言うと他人に否定されることもあります。

特に大きな夢の話をすると「無理だよ」とか「目先が大事だろう」といった

話をされることも多々ありました。

 

昔は否定されたように感じ悲しみや怒りが湧いたこともありましたが、

最近はそれがその人の「本音」なんだなと思えるようになってきました。

否定ではなく、違う意見。

違う意見の人を説得しようとしたこともありましたが、

それも違っていたのかな?と今は思えます。

なぜならその人も神の子ですからね。

この世に誕生したことは神に認められて生まれてきた人なんだから、

俺がとやかく言う必要もありません。

 

そんなことを思うと自分は完全な存在で、みんなも完全な存在なんだと感じ、

すべての力が抜けて自然体になっていきます。

みんな何か意味があって生まれてきたのだと思います。

その課題はみんな違います。

人生の課題が違うのだから考えていることも感じることも違って当然です。

人生の課題が違う者同士が、同じ目的を持って生きて行くのが会社です。

社長が自分以外の意見を否定していたのではことは進みません。

ビジョンや理念をしっかり伝え、そこに共感いただけたのなら、

あとは自分の本音を伝えながら尊重あるのみですね。

 

スタッフ、協力会社の方、お客様とも本音で話ができる仲になれたら最高です。

 

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る