社長ブログ

2020年4月19日

運のいい人

運のいい人

運を考えた

 

運とは「理解」のことを言う

 

運が悪い人っていません

 

すべての人が運が良く、運が良い人と悪い人がいると言うのなら それは自分が運が良いということを知らないだけである

 

いま世界はコロナウィルスの話題で持ちきりです

 

大概の人は何かしらのことでコロナの影響を受けているのではないでしょうか

 

一見すると運が悪い出来事のようですが これを機に大きく成長する人もいます

優しくなれた人もいます

様々なことに感謝できるようになった人もいます

動じなくなったという人もいます

決断力がついた人もいるでしょう

家族の絆が深まったという人もいるでしょう

 

「コロナ離婚多発」とかSNSで目にしたが 「夫婦でいる時間が増えたから喧嘩も増えた結果だろうね。可哀そうに…」って話をしている人がいた

 

こういう解釈の人は自分も他人も運が良いことに気付いていない

 

家族の時間が増えるだけで離婚するくらいなら 初めから離婚した方がお互いのためなのだ

 

幸福へのステップアップじゃあないですか 超運が良い!

 

残された子供は!?って?

 

大丈夫 強く逞しく育ちます

 

短期的には寂しい思いもするだろうけど その経験は必ず大人になって役に立つものです

 

親が騙し合って仮面夫婦を続ける中で育つより よっぽどマシな人間に育ちます

 

世の中には自分にとって都合の良いことしか転がっていません。そう、他人にとっても同じです。

 

生まれてきたということは一人残らず神様に認められた存在なわけで 自分が認めた存在に神が不運を与える訳ないのです

 

それでも「自分は絶対不運だ」というなら それはその不運から何かを学び 生き方を変えればあっという間に幸運に恵まれますって合図です

 

幸運までのプロセスを与えてもらっているのです

 

このプロセスにケチ付けていると望み通り放っておかれます

 

どうぞ好き勝手に生きてくださいってな感じで…

 

神様に放っておかれて良い人生を送るなんて一番厳しい道のように思いますが…

 

コロナの影響で亡くなった方も沢山いますが 誤解を恐れず言うならそれも運命として受け入れるべき出来事で残された人は自分の人生の学びとして深く考え、心に刻めばいいのだと思います。

 

神なのか 宇宙なのか 分かりませんが なにかの力が働いて私はこの地球に存在しています。

 

自粛で時間があるなら自分はなぜこの地球に存在しているのか考えてみてください

 

幸福になるためということは理解できるはず

 

「幸福になるため」が分かっただけで目の前の世界は変わります

 

景色も人の存在も持ち物も環境も すべては自分の味方です

 

私たち 絶対に運が良いですから 一緒に人生を良くしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る