社長ブログ

2020年6月25日

青春

青春

前回の続き

 

【天才が努力の先輩を唯一認めていたこととは??】

 

 

 

天才「そういえばあの人の口から愚痴や陰口を聞いたことがない。そこは唯一尊敬している。試したことがあったけど俺にはできなかったから」

 

私「そうなんだ… Aさんスゲーな…」

その話を聞いてなんだか自分が恥ずかしくなった

 

当時28歳の私は自分の口から出る「言葉」について考えたこともなかった

愚痴や先輩の悪口が なんとなく悪いことと分かっていても直す意識まで至らなかった

なぜなら、みんな言っていたから。

 

それから言葉を意識するようになった

「井上幸治は愚痴や泣き言は言わない」そう決めたのです。

 

振り返れば その時から人生が変わったことがよく理解できる

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

井上 幸治

井上 幸治

( いのうえ こうじ)

担当業務 / 代表取締役担当

故郷 / 岩手県滝沢市

プロフィールを見る