広報ブログ

NEW! 2020年10月17日

いずれ

いずれ

その時その時で見れば 人生は辛くて悲しい悲劇のように思える時がある

だが 長い時間が経ってそのことを後から考えてみると ドタバタの喜劇だった と思えるようになったりする

悲劇 どうってことありゃしない 生きていればどうにかなるもんだ

ならば ドタバタ喜劇の主人公を感謝の気持ちで元気に演じてみる

どんな悲劇も いずれは喜劇になる

にっこり笑って どんな舞台もこなしていきたい

いずれという時の流れ 人の心も変えるもんなんだよな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る