広報ブログ

2020年10月20日

与える

与える

死んでからも 人々から感謝され懐かしく思われるのは 生前にどれだけ多くを与えたかによって決まる

一生懸命に集めた金銀財宝も あの世まで持ってはいけない

人々に分け与えるものは 金銭や物品だけに限らない

人に対しての温かさ

死んで棺のフタが閉められ はじめてその人の本当の評価が定まることになる

生きているうちは おもねたり 取り入ったりする人もいる

だが 死んだ人にまでお世辞をいう人はいない

いい人だった 欲の深い嫌な人だった 人々の胸に正直な印象が残る

私たちは 学校でいろいろな先生に学んできた どの先生にどういう勉強を教わったかこと細かに覚えている人は少ない

しかし その先生がどんな人だったか

感じのいい先生 怖かった先生 とっても優しかった先生 先生の全体像はそれなりに想い浮かんでくる

これが その先生が私たちに与えた教育の全体像のようなものだ

私たちは いずれ死んで灰になる

自分が与えたものだけが 人々の心の中に生きている

生前 人々に与えることの少ない人は 死んで間もなく忘れ去られちまう

自分が与えられるものでよければ たくさんの人に与えたいよな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る