広報ブログ

2020年11月3日

稲穂

稲穂

『実ほど頭を垂れる稲穂かな』

立派な人 出来た人ほど謙虚であるものだ

人は皆 勤めて謙虚に生きるべき

それなりの成功をしている人たちは ほとんど謙虚な方が多いよな

しかし 若いうちから謙虚であったかというと 決してそんなことはない

謙虚の反対は 傲慢 ほとんどの人は その傲慢な生き方をしてきているもんだ

その傲慢さによって 手痛い失敗や ひどく惨めな経験をしてしまうんだよな

そんな経験から色々と学んでいくうちに だんだん望む結果を手に入れられるようになって現在の成功を掴んでいる

逆に 若いうちから謙虚な人で それなりの成功を納めている人は意外と少ないもの

しかし ずっと謙虚な生き方をして成功している人もいる

それは 凡人ではとても真似の出来ない 神がかった人なんだろうな

こういったことを踏まえた上で

『実ほど頭を垂れる稲穂かな』

その意味を考えてみると 単に『謙虚は大切』という事を語っている訳じゃないことが分かってくる

稲穂は 確かに実った後で頭を垂れていくが 苗の状態から実を付けるまでは頭を垂れることは一切なく 上へ上へぐんぐん伸びていく

であるなら 若いうちから頭を垂れて謙虚になど生きていく必要はなく むしろ傲慢なくらい頭を上げて生きていった方が 立派な実りを得られるのではないのかな

もし凡人で何かを成し遂げようと思うならば 若いうちから謙虚に生きようなどとは思わず 傲慢なくらいの生き方をした方がいい

もちろんそこには とっても痛くて とっても惨めで とっても情けない経験をたくさんすることになる

しかし その経験が多ければ多いほど それらは未来の自分の財産に必ずなる

そうやって 年齢を重ねながら貴重な経験をたくさんし そこからたくさん学び得た後で 謙虚になるくらいでいい

傲慢でも 上へ上へ伸びようとする若者は 応援したくなるもんだよな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る