広報ブログ

2021年1月30日

割合

割合

仕事について 自分では10%の才能と 40%の努力と 50%の運だと思っている

運とは その人の行動について回ったり離れたりするもの

その運が見えた人 運をつかめる体制になれる人が幸せになっている

いくら才能があっても運が50%を占めているんだから 成功する人間は一握りだ

才能があってもプロ意識を持たずに努力をしなければ 運をつかむことはできない

自分の仕事の可能性に 気づくこと

それに気がついたら 運を引き寄せるようになってくる

しかし 考えて 考えて 考えても気づけない場合もある

それは結局 運がなかったということになるんだよな

何もしなくて 運を呼ぶことなんてできやしない

40%の努力が土台となって さらに10%の才能があって 初めて50%の運を呼ぶことができるもの

しかし 運というものは 運をつかんでいることに気がつかない場合が多い

これまでの人生の中でも 振り返ってみて あの時はこういう運だったと歳を重ねてからわかることが実に多いもんだ

人との出会いなど 運ばかりだ

あれも運だった これも運だったと 運がついて回っていた

なにせ半分が運なのだから それも当たり前といえば 当たり前

私は運が悪かったと思っても仕方がないし なんの得もない

自分を幸せにしてやれるのは 自分以外に誰もいない

だから 自分の考え方次第で幸も不幸もどちらにでも転んでしまうことを意識する

自分の置かれた境遇 直面した運 出会っ人 これらのせいにして自分の不幸の原因のあら探しをするのではなく 自分の価値観を持って幸福を感じとることを考えた方がいいに決まっている

苦境もまたエネルギー源として捉えて 苦境に立つ自分の可能性を楽しんでみる

自分に対して都合の悪い出来事を 不幸だと考える必要なんてないよな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る