広報ブログ

2021年3月7日

完璧

完璧

日本の神様には得手不得手がある

日本の神様は得手不得手があるからこそ 自分に苦手なことは『あの人に頼むといいですよ あちらへどうぞ』と言う

もしくは 一つの神社の中に もう一つ 別の神様が祀られていたりする

だから神様は自分の苦手なことについては『私は苦手だから この神様がいいよ』って教えてくれる

日本の神様の中では ちゃんと役割分担が決まっていて 神様たちはどっちが偉いか 白黒はっきりさせたりしない

そういう神様だから 日本では宗教戦争とか なかなか起こりづらいんだろうな

日本人は昔から 雷とか 嵐 火山とか 自然のもの一つひとつを崇拝してきた

山の神様 風の神様 海の神様 森羅万象に神を見てきた

こんな見方を 人に対してもできるといいよな

目の前に出てくる人 出てくる人 みんなが神様だという見方だ

とくに自分自身に対して そういう見方ができると すごくいい

良いところもあって 悪いところもある自分という存在が神様ぐらいに素晴らしいと思えたら こんなに幸せなことはない

こんな悪いところがある あんな悪いところがある そんなことばっかり自分自身に言っていると自分のことが好きになれなくて苦しくなっちまう

『自分はこれが苦手で』『できなくて』

苦しむ人は みんな自分の欠点が許せない人たちだ

許せないのは『完璧じゃなきゃいけない』と思わされて育ってきちまったからなんだよな

人間は70%で最高 完璧は無理

ただ 完璧なフリをする人がいるだけだ

完璧主義者は嫌われる

なぜ嫌われるかというと 失敗 間違いを全部 他人のせいにするから

なぜなら それをする以外に完璧はありえないからだ

だから 周りの人が迷惑する

だから 嫌がられる

いろんな才能のある人には いろんな欠点があるもの

ある場所がうんと出っぱっている人は それの反対側がへこんでいて デコボコを全てならすと 全員 総面積は同じ

何かが図抜けて出来る人は 必ず何かが図抜けてできない

逆に とくにこれといって取り柄のない人というのは まんべんなく出来てちゃんと食べていける

本当に そういうもんだ

毎日 会社に行って 雨が降っても 風が吹いても ちゃんと会社に行って ちゃんと仕事をして サラリーマン生活を何十年と続けていく それが取り柄だ

この 図抜けたところがないところが その人の取り柄なんだよな

そうやって この世の中はうまくバランスがとれているし 各自 人生ってうまく出来ている

そして 神話には笑いや怒りといった喜怒哀楽もあり 成功も失敗もある

神々が完璧でないのなら 人間が完璧であろうはずないもんな

 

いい家つくろう

千葉 一人暮らし住宅

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る