広報ブログ

2021年5月23日

爆発

爆発

豊臣秀吉の家来に 曽呂利新左衛門という人がいた

ある時 新左衛門が手柄を立てたので『そちの望みのものは何でもやろう』と秀吉は言った

新左衛門は『米を1粒から始まり 次の日はその倍な2粒 3日目はその倍の4粒 というように 1ヶ月間ちょうだいしたい』とお願いした

秀吉は『なんだそんなものでよいのか 欲のない奴よ』と簡単に承諾した

しかし その数がとんでもないことになることに途中で気づき 頭を下げ別の褒美と変えてもらったという

それを現代のお金で考えてみると 1円 2円 4円 8円と倍々と30日間もらうということだが 26日を過ぎた頃から急激に増え なんと30日目には5億3687万0912円となる

それら全てを合計すると 30日間でなんと 10億7374万1823円だ

これは 習慣の継続と似ている

努力の成果はすぐに出ないが ある時を境に爆発的に伸びる時が必ずくるということだ

いいことを続ければ いつか必ず大きな花が咲く

いいこと 続けられる人でありたいよな

 

いい家つくろう

千葉一人暮らし住宅

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る