広報ブログ

2022年4月4日

万全

万全

準備に時間をかけてしまうと ほとんどのチャンスは逃げてしまう

例えば やってみたい仕事があってそのチャンスを与えられたときに『まだ経験が足りない』とか『データが不十分だ』といった理由でためらってしまうと 他の人間に持っていかれてしまう

そういうときはむしろ『このチャンスがいい経験になるんだ』と考えてしまえば経験不足なんかは不安材料に入らなくなる

データは集まるだけで十分と考えれば そのまま踏み出すことができる

ひとつ大事なのは 万全の準備というのはかえって邪魔になるということだ

経験が豊富 データが十分ならどんなチャンスでも最良な結果が出るかといえば そんなことはない

かえって『これはできない』『こういうケースは危ない』『もっと相手の出方を見たほうがいい』といった消極的な判断をしてしまい 結果として何も得られないことがある

現実の商売では 過去の経験やデータがまったく役に立たないどころか なまじ知識として持っていることで判断を誤る可能性だってある

それよりはむしろ とにかくぶつかってみて その反応の中であれこれ試していく人間のほうが 思いがけない幸運をつかむ可能性が高いものだ

万全の準備をすればそれだけ重装備になるが そのために身軽な動きができなくなると 幸運はスルリと逃げていってしまう

そういった意味では 運が強い人には少し向こう見ずなところがある

見切り発車といえばそうなるが 本人はできる範囲での最低限の準備はしているつもり

例えば 初めての海外旅行をするなら 帰ってくるまでの交通費や滞在費 ガイドブックの1冊 それと胃腸薬ぐらいのもの そんな感じだ

仕事でも『やってみたい』という気持ちがあれば まずラフなプランを立てて動き始める

難しい問題にぶつかったら詳しい人に聞けばいいし 自分にできないことがあったら誰かの手を借りればいい

確かに備えはないよりあったほうがいい

でも運ということで考えるなら 十分な備えをつくるためにジッと我慢し続ける人より『とにかくあるものでやってみよう』と動きだす人のほうが幸運をつかむ可能性が高いはず

ジッと待っていても いいことはキャッチしないのだから これは当然なことだ

 

いい家つくろう

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る