広報ブログ

2022年4月12日

『で』

『で』

奥さんに『夕食はカレーがいい? それともシチューがいい?』と聞かれて『カレーでいい』と答えたところ 何だか奥さんの機嫌が悪くなった

原因は『で』の1文字にある

『で』は『どっちでもいい』というネガティブな気持ちを表す象徴的な言葉

例えば 会社で仕事をしているとき 上司から『誰にやってもらおうか あっ 君『で』いいからやっておいて』

なんて言われたら やる気は起きない

◯◯『で』いいと言われたほうは なんとなく投げやりな感じに受け止めてしまう

それだけじゃない

言葉は 人の心を映す鏡

ほんの一言にも その人自身の心の声が反映されている

だから『で』を使う本人の心も 知らず知らずにネガティブになっている

これに対して『が』は 強い意志表示が伝わる

『夕食はカレー『が』いい』と言うと 相手も作りがいが出てくるもの

『が』を使うと 自分の意志がしっかりと明確になる

『が』の裏側には 一番とかベスト でなければいけないという気持ちが秘められている

『で』と『が』は たった1文字の違い

たった1文字が 相手の心に与える影響が違ってしまう

 

いい家つくろう

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

非公開: ジャージー斉藤

非公開: ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

非公開: ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る