広報ブログ

2022年4月14日

人生

人生

60歳を過ぎたくらいの会社社長がいました

彼は30年あまり ワンマン社長として頑張ってきたのですが ある日突然 心臓麻痺で死んでしまいました

肉体から抜けた彼の魂は トンネルと林を通りお花畑に差し掛かりました

空は青く 寒くも暑くもなく とても心地よいところです

すると 天から声が聞こえてきたそうです

その声は社長の魂に語りかけました

『川べりまで行ったら人生のまとめについて尋ねるから 川べりに着くまでに自分がどんな人生を歩んできたのかをまとめておきなさい』

その社長は 人の20倍も30倍も努力をして 頑張って 怠けることも 休むこともなく ただただ働き続けました

会社は大きくなり 従業員は1000人

商工会の役員も務め 地位と名誉を手に入れたのです

自分が成し遂げた実績に自信を持っていた社長は『努力し頑張り続けた自分は きっと神様に褒めていただける』と胸を張り 意気揚々と川べりまで歩いていきました

川べりにたどり着いたとき 再びあの声が聞こえてきました

『それでは人生のまとめについて聞く』

『人生をどれほど楽しんできたか?』

社長は絶句し 答えられませんでした

どうしてか

人生を楽しんだと思った瞬間が 一瞬たりともなかったからです

社長は 人生は努力するもの 頑張るものだと疑わず ひたすら厳しく生きてきました

従業員を叱咤し 家族にも厳しく接してきました

そんな彼に 人生を楽しむという概念はまったくなかったのです

言葉を失った社長に 天の声は言いました

『あなたは人生を勘違いして生きてきました もう一度やり直しなさい』

『えっ』と思った瞬間 社長は息を吹き返した

神様の声は 人生は努力するものでも 頑張るものでも 地位や名誉を手にいれるものでもない ということを教えてくれています

では 人生は何のためにあるのか

人生は 楽しむもの

つまり 喜ばれるために存在している

人生の最大の楽しみは 周りの人が喜んでくれること

だからこそ 私たちが生きる目的は 人に喜ばれることだと言える

言いかえるなら 喜ばれることは人生のすべて

人生を楽しむとは

人に喜ばれる人生をおくりたい

 

いい家つくろう

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る