広報ブログ

2022年4月16日

特別なことがない

特別なことがない

人間は病気や事故 トラブルなどに巻き込まれたときにはじめて 自分が幸せの中で生きていたことを知る

例えば 右手を大怪我し使えなくなったとする

全治1ヶ月

すべて左手だけでやらなければならないことが不便で 不幸感を味わうかもしれない

でも 怪我が治って右手が自由に使えるようになったら 右手が使えることはこんなにも幸せなことだったのかと感謝できる

では この右手が使えなかった1ヶ月は不幸だったのか?

そんなことはない

不幸だと思っていた1カ月があった結果として それから先ずっと右手に対する感謝の心が湧いてくるようになった

右手が自由に動くことで『嬉しい ありがとう』と思う喜びを1ついただいたわけだから 怪我をした1ヶ月は不幸でもなんでもなかった

この1ヶ月は 罰が当たったとか ペナルティが課せられたとか 不幸があったということではなくて この右手に感謝する心 喜びの心を1つ増やすため何も起こらないことがどれほど幸せかということをわかるために 右手を怪我したのかもしれない

そういう仕組みがわかって 自分が幸せの中にいることを認識することによって災難と無縁になる

今 目の前に起きている最高の幸せとは 淡々とした何も特別なことがない日々 普通に家族がいて 仕事があって 歩くことができること

お金も時間も手間ヒマかけないと幸せになれないという感性から『だから 何?』と思われることに楽しみを感じられるように自分の感性を磨いていくと 自分がいつも楽しくいられる

何もない日常の中に 幸せを見つけることができる人 面白がれる人 楽しめる人

最高の幸せとは 淡々とした何も特別なことがない日々のことだ

 

いい家つくろう

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る