広報ブログ

2022年7月15日

脳

人は 肯定的錯覚をする人と 否定的錯覚をする人の2種類しかいない

脳の特性上 正反対なふたつのことを同時に思考するのは不可能だからだ

否定的なことばかりを口にしていると 脳はどうなるか?

否定的な記憶データが脳に強烈にインプットされ 脳はその通りに働いてしまう

『無理だ』と脳に問いかけると まだやっていないことにも関わらず 当然無理だと想像し記憶づけてしまう

結果 口に出した通りの未来が待ち受けている

私たちは誰もが赤ちゃんだった

赤ちゃんというのは 実は超ポジティブ思考だ

ハイハイをした赤ちゃんは 何度ひっくり返っても 転んでも 頭をぶつけても 立とうとする行為をやめたりはしない

もし仮に 否定的な赤ちゃんがいたとしたら 100回も転んだんだから きっと立つという目標は無理なんだからやめようと諦めるはず

だが そんな赤ちゃんは見たことがない

何度転んでも立ち上がり いつの間にか当たり前のように目標を達成し 歩けるようになる

私たちは 大人になるにつれ世間の常識にとらわれ さまざまな情報に操作されるうちに 否定的な思考を取り入れるようになってしまう

小さな常識の枠のなかで物事を考え判断をし 結論を出そうとするから『どうせ無理』と自己防衛本能が出てくる

そして いつの間にか否定的な脳 否定的なスーパーコンピュータがつくられてしまう

仕事にしてもプライベートにしても 困難な状況になったとき ある人はその中から肯定的な面を探し 明るい言葉を探しニコニコと笑顔で立ち向かう

逆に 否定的な面ばかりを探し出して 暗くてネガティブな言葉ばかりを発し 不機嫌で不愉快そうに他人や周りのせいにする人もいる

肯定的錯覚をする人には 根拠のない自信がある

錯覚の法則を身につけたい

 

いい家つくろう

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

非公開: ジャージー斉藤

非公開: ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

非公開: ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る