広報ブログ

NEW! 2022年9月16日

心根

心根

逃げの仕事をしてきた人の言葉には説得力がない

部下は上司の言葉に説得力があるかないかに対してはとくに敏感だ

もっと自分をさらけ出す

そして 真剣につまずいたり七転八倒 格闘する姿を恥ずかしがらずにさらけ出す

バカだと言われても ダメな奴だと言われても どこか素直で真剣な人物なら 周囲は認めてくれるし可愛がってもらえるはず

可愛がられると言うと 何だか人に媚びているようで嫌いだと言う人もいるかもしれない

自分の隙を相手にわざと見せて取り入ろうとするような

でも 本当の意味で可愛がられると言うことはとても奥が深いものだと思う

たとえば 突っ込みどころ満載で隙だらけで未熟な人物がいたとする

そういう人物がはたしてすべて可愛がられるか?

決してそうじゃない

人によってはそうした理由で嫌われたり敬遠される場合だって少なくない

むしろそっちの方が多いような気がする

一体その違いは何なのか?

私は その人の心根だと思う

どこか純粋で素直であるとか 飾らないで素をさらけ出すことができるとか 物事に真剣に真摯に向き合う姿勢だとか

そういう人間的な部分 心根の部分が真っ直ぐで歪んでいないこと

そういう心根がしっかりしている人は ある種のポテンシャルの高さを感じさせる

今は知識も技術も足りない未熟な状態でも それを身につけたら将来は伸びるような期待感や希望を抱かせてくれる

可愛げとは 愛嬌のあることだ

愛嬌があるのと 媚を売るのとは違う

愛嬌がある人は 人の喜びや利益を先に考え いつもニコニコと人を和ませ感謝がある

つまり 素直で損得で考えない利他の人

媚を売る人は まず自分のことを先に考える利己の人

自分の利益のために 卑屈に媚を売る

人からいつも助けてもらえる人は 可愛げがある人だ

 

いい家つくろう

千葉 工務店

一人暮らし住宅 アレグレホーム

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る