広報ブログ

2020年4月12日

モノサシ

モノサシ

人それぞれ 持っているモノサシが違う

その人の基準とでもいったらいいのか

今まで経験してきたり学んできたことがその人のモノサシになっている

世の中にはとてつもないモノサシを持っている人がいてビックリさせられることがあるもんだ

長さや重さが違ったり

メモリが違ってたり 硬さや材質

色や形 温度まで人それぞれだ

さて そのモノサシ

同じ現象でも 見るポイント感じるポイントが それぞれ違う

どのモノサシが正しいんだか分からないが受け止めて方がみな違うんだよな

自分のモノサシだったら

人肌の丸型がいいな〜

丸型だと どうしても正確には測ることができない

必ず誤差が生じる それがいい

その誤差が遊びとして心に余裕を持たせてくれると思うんだよな

誤差ってなんだか人間味を感じさせる

人生きっちり正確なのもいいだろうけど自分には窮屈でつまらない

ちょっとズレてるぐらいが自分には丁度いいんじゃないかと思う

全てのことを正確に測りたいモノサシだと自分以外の他人様を信用できなくなっちまうような気がすんだよな〜

どっちがいいんだろうか?

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る