広報ブログ

2020年5月9日

心配

心配

親が子どもを心配するのはどの時代も同じ

でも

必要以上の心配は子どもの成長を邪魔することになってしまう

大切なのは親が子どもの言動を心配している時 親が自分自身の心配という気持ちと向き合えるかだよな

それを子どもの言動のせいにして口や手をだしていては子どもが親の感情のはけ口になっちまう

本当のリスクと思えること以外は ある程度のことは子どもを信頼してやりたいことをやらせる

これが子どもが自分の考えや思いをどんどん実現していく可能性を養うことにつながるんじゃないのかな

同時に回りの人間を信じることも養われるというもんだ

どうしても心配が尽きないのが親だよな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

 

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る