広報ブログ

2020年6月15日

運がいい

運がいい

運そのものは みんなに公平だ

でも 幸運か不運かは その人の受け止めかた次第だよな

だとしたら『自分は運がいい』『自分はもっている』と思ったほうが運をつかまえるチャンスは格段に広がっていく

万が一 不運をつかんじまっても自分が動いた結果なら諦めもつくもんだ

実際に運の強い人は 不運と出遭っても『自分は運がいい』と自分にいい聞かせているもんだよな

大きな失敗をしても『まだまだやり直しがきく歳なんだから 俺は運に恵まれている』と自分に都合のいいように考えたりする

そう考えることで意欲を保ち続けることができれば いつかいいことが巡ってくることを知っているからだ

だから『最悪だの 不運だの』とガックリしてやる気をなくしている人より

まだまだ 幸運をつかむ力が残っている人なんだよな

幸運も不運も 本来は無色透明

幸運ととらえるか 不運ととらえるかは自分自身の考え方や見方による

事実は一つしかないが その考え方や見方よって天と地ほどの差がでちまうよな

どんなときであろうと『自分は運がいい』と思える人でありたいな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る