広報ブログ

2020年6月16日

看脚下

看脚下

禅語に『看脚下』という言葉がある

足元を見るということ

自分の寄って立つところを見失うな 常に自戒せよという意味なんだろうな

当たり前の幸せに気づけるか 感謝しているかということでもある

明日も明後日も この毎日がなんとなくずっと続くと思えば ぼんやりと日常を無駄に過ごしてしまう

そして つい文句や愚痴 泣き言や不平不満を言っちまったりするもんだ

突然の暗闇

自分の行く道が真っ暗になった時

思いも寄らない災難や すべてを見失うような出来事に見舞われたとき

ジタバタしたり落ち込んでいても解決には至らない

自分自身の足元を見て ゆっくりでもいいから前に進むこと

さらに 自分の足元を見るということは自分自身を見直すことにも繋がるよな

地に足をつけて しっかりと歩いていくことが大切なんだろうな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る