広報ブログ

2020年7月19日

希少

希少

『90年生きてきて 今考えると儲けようとして買った山は結局ダメだった 人を助けようとか 人に無理して買わされたと 少し損をして買った山の方が今は一番いい 長い目で見てみると計算してやったことは ほとんどダメだった』 (90歳男性の話)

成功し長く続くことは勢いこんでやったものではなく 何かの導きのようなものが案外うまくいく

計算や損得では計り知れない何かが動いているとかしか思わざるをえない 見えない力

少しでも自分が得をしたいと思った時 他人との比較がはじまるもんだよな

あの人があれだけ貰ったのに 自分はこれだけしか貰えなかった

こんなに一生懸命努力しているのに 自分は低くしか評価されない

しかし それらのこと全てに意味がある

後になって考えてみると その時 低く評価されたことがバネとなり自分が伸びるきっかけとなるかもしれない

過去を振り返ると 全ての出来事が今へとつながっている

何かといえば 自分の利や効率ばかりが優先される現代

今の時代は ある面で少しボーっとすることも大切なことだ

ボーっと出来る人は少し損をしても そんなにやきもきしないし あまり気にもならない

利や効率で生きる人は数多くいるが ボーっとしている人は 希少価値だな

いつも感謝の念を持ち ほのぼのとして おおらかな優しい気持ちで少し損をして生きる

そんな生き方ができたら最高だ

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る