広報ブログ

2020年7月30日

借物

借物

いつの日か 自分の人生にも終りがくる

それは 明日かもしれないし 50年先かもしれない いつ終わるかは分からない

そして 死んでこの世から持っていける物はなにもない

結局は 自分の物など何一つないということなんだよな

自分の物だと ただ思っていただけ

もしも 自分の物ならば 土地も 家も 車も 貯金も 肉体も そして 奥さんや愛人 子供も天国に持っていけるはずだ

でも 何一つ持っていくことができない

全ては この世にいる間の借物で 奥さんや愛人 子供や孫は ただ そばにいてくれていただけ 一緒に大切な想い出を作ってくれただけ

形あるものは 何一つ持っていけない

金銀財宝を持って あの世にいったという人はいないもんな

肉体を離れ天国に持っていけるのは 形のない想い出だけ

いくら欲張っても この世の物は置いていくことになる

想い出には 二つがある

一つは 人に与えた喜び

もう一つは 人に与えた悲しみ

この喜びと悲しみは この世に生きている人たちの心の中にもずっと残る

人を傷つけたり おとしめたりしたら やりきれない悲しみや憎しみが残り

人の幸せのために尽くせば 喜びや感謝の念が残る

だから 形や物に執着しないで目に見えない『思い』や『嬉しい気持ち』を見ようとすると 何が大切なのかが見えてくる

形あるものは この世で自分と周りを幸せにしたり 不幸にしたりする小道具のようなもんだろうな

お金も才能も使わなければ 持ち腐れになっちまう でも喜びのために使えたら 悔いの残らない人生になるよな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る