広報ブログ

2020年8月23日

瑞気

瑞気

目に見えるものに重きを置き過ぎてしまう

給料が上がったとか 成績がよくなったとか 数字で表したり 数量で測れるものを大事に思い そこに価値を見出してきた

返す刀で 目に見えないものは価値が低い 取るに足りないものだと片づけてしまう

昼の星は 目には見えない

だから 昼の星は存在しない

でも 見えないだけで 昼にも星はちゃんと輝いている

目に見えないものは存在しない

そうはいい切れないよな

電波や音波は 見えないけれど確実に存在している

だから 目に見えない世界が『ない』とは断言できない

瑞気とは めでたい気のことで 新鮮で美しい気という意味になる

昔の人は この瑞気をいかに家や体に取り込むかに苦心したものだ

悦びや笑い声が瑞気を呼び寄せる

その瑞気を家に取り込むと そこに住む人は幸せになれる

こんな風に 昔の人は常に物事を活性化することを考えていた

瑞気を呼ぶと家が栄える

来客が多い家は栄えるというが 人々で賑わい 談笑が絶えないと活気が家に充満し繁栄をもたらすんだよな

家だけではなく 人もそうだ

陰気な人では瑞気は呼べない 何事にも前向きで陽気な人には瑞気も集まってくる

頭で考え過ぎるようになったのでは 理屈や科学で説明できないことを否定してしまう

目に見えない大切なものは この世にはたくさんある

深く掘った井戸の底からは昼でも星が見えるように

心で見なければ物事はよく見えないし 肝心なことは目に見えないもんだ

目に見えないが 肝心なことを大切にする人でありたいよな

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る