広報ブログ

2020年8月26日

借りもの

借りもの

自分の体は自分のものだと思っているが 我々の体はすべて借りもの レンタルだ

レンタルなので期限がくれば返さなければならない

これが死ぬということだ

貸主は 地球 宇宙 そして神?

体は地球や神からの借りものという考えは 昔から日本にある

神は 我々に体を貸した際にレンタル料を取るようなケチ臭いことはしない

全ての人に対して無償で貸してくれている

道具やモノを大事にしない人は それは自分のモノだからどうしようと勝手だという

しかし 一流のスポーツ選手や職人は 自分の道具やモノを まるで人と接するように大事に使う

自然界のみならず 道具やモノには命が宿っているものだといわれる

だからこそ そこに感謝の念が生まれるんだろうな

体は神からの借りもの

この世に二つとない自分の体に感謝し レンタルの期限が終了するまで大事にしたい

 

いい家つくろう

ジャージー斉藤

アレグレYouTube【アレニャンTV】

この記事を書いた人

ジャージー斉藤

ジャージー斉藤

( じゃーじー さいとう)

担当業務 / 広報&営業

故郷 / 千葉県

ジャージー斉藤の記事一覧 プロフィールを見る